2008年02月24日

切り干し突きの改良

080209_切り干し突きIMG_7194.jpg今日は凄い風でした。 自宅近くでは武蔵野線が運休になっていたぐらいですから、よほどです。

畑では寒冷紗や不織布が飛びそうになっていました。 あわてて土をかぶせて養生した次第です。 少しだけニンジンを播こうかと思っていたのですが、これだけ強風だと何もできません。 残念ですが、来週に延期です。

1/22の記事で紹介した切り干し突きが少し小さくて使いづらいので、日曜大工で枠を作りました。 電動イトノコでだいたいの形に切って、ノミで削るという割と単純な作業ですがが実に楽しかったです。

枠を取り付けると、なかなか快適で効率良く作業ができます。 調子に乗って、この強風の中、切り干しダイコンを作ったら、砂埃だらけになってしまいました(^^ゞ 調子に乗るのは良くないですね。 明日の朝、風が止んでいたら水洗いをする予定です。

080202メジロIMG_7191.jpg先日、庭を観察していたら、メジロのつがいが寄り添っていました。 可愛いですね。
(写真はクリックすると大きく表示されます)
ラベル:ダイコン
posted by taka at 21:42| Comment(4) | TrackBack(0) | ダイコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
工作はとてもきれいな出来です。こんなに上手にはとても出来ません。
今日の大根は埃がつくでしょうね。水洗いできるから大丈夫ですね。
このメジロの写真はとても良い写真ですね。
Posted by spa at 2008年02月24日 22:54
私も今日、寒かったのですが春大根を種蒔しました。
不織布+ビニールトンネルで完全防寒栽培です。
最近メジロはあまり見かけなくなりましたが、takaさんの家の周りは自然が残ってるのでしょうか。
Posted by たけ47 at 2008年02月25日 00:08
◆spaさん

工作は間近で見るといろいろと失敗があるんですよ。(^^ゞ でも、自分で道具を工夫してこしらえる面白さが味わえて、その点が良かったです。

メジロはこんな姿を見せてくれることがあるのかと、本当に驚きました。 身近なところに味わいがあるものですね。
Posted by taka at 2008年02月25日 22:22
◆たけ47さん

暖かい讃岐でもやはり寒かったですか。 春ダイコン、うまつ発芽すると良いですね。 生長の様子を記事にしてくださることを楽しみしています。

私の家の近くに多摩川の影響できた河岸段丘があり、その段丘沿いに雑木林が何キロも続いていて野鳥の天国になっています。 子供の通う小学校が愛鳥モデル校に指定されているぐらいなので、自然に恵まれていますよね。
Posted by taka at 2008年02月25日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。