2008年01月22日

切り干し大根

080114切り干し大根NEC_0018.jpg朝晩、良く冷え込み、切り干し大根には良い季節になったので、我が家でも作り始めています。 去年までは、手軽なイカ型切り干し大根でしたが、今年は普通のタイプも作っています。

切り干し大根を作るにあたって、みなさんののblogによく登場する「切り干し突き」という便利な道具をずーっと探していたところ、先日、立ち寄った「無印良品」で「おろし器(太せん切り用)」という名前で売られているのを見つけました。 価格も400円と小規模なうちにはぴったりです。

080109切り干し大根NEC_0017.jpgさて、じゃあ今度はダイコンを干す「網かご」を買おうと近くのホームセンタのキャンピング用品のコーナーに行ったら、季節外れのためか売っていません。 がっくり ○| ̄|_

でも、めげずに、Internetの検索エンジンで調べていたら、釣り道具屋さんで売っているらしいことが分かりました。 さっそく、近くの上州屋さんに行って、SSサイズ(35cm x 35cm x 55cm)を580円で購入。 なんと、ホームセンタで買うより安いではありませんか(^_^)b


という訳で、一部のダイコンが割れ始めているので、毎週、せっせと切り干し大根を作っています。
(写真はクリックすると大きくなります)
ラベル:ダイコン
posted by taka at 09:36| Comment(8) | TrackBack(0) | ダイコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寒いと美味しい切り干し大根ができます。
細く切った大根は出汁がしみて美味しいですね。
我が家も一応グッズは常備していますが、今年は大根がないので作ることができません。
Posted by ウラ at 2008年01月22日 17:24
そうですね。この網駕籠は釣具屋さんで売っています。
このごろは、場合によってはホームセンターでも売っています。魚ばかりではなくて、切り干し大根のようなものを作りたい人もいますからね。
蠅がこない利点がありますね。場合によっては鳥が来るかもしれませんからね。
Posted by spa at 2008年01月22日 21:16
spaさん

恥ずかしながら、頭が固いのか最初は釣具屋が浮かびませんでした。 海から遠いところで育ったせいか近所で干物を作る人もいなかったのが原因かも。 私の周りだとキャンプで食器類を乾かす/一時保存するための道具として使われることが多いようです。
ハエがたからないようにするため工夫だと思いますが、3段目の下に狭いスペースが作られていて、初めて購入した私は「へーっ」と関心しました。
Posted by taka at 2008年01月23日 08:00
ウラさん

寒さがポイントですよね。 去年の春に春ダイコンで切り干しを作ろうとしたら、家族から無謀だと止められました(^^ゞ
ウラさんのところは造成中でダイコンが無いんですねー。うーん、ご近所だとお持ちできるのですが...残念。
Posted by taka at 2008年01月23日 08:00
切干ダイコン美味しいですね
いい道具を見つけましたね
今回はHeyモーのほうは切干ダイコンは作りませんでした
次回挑戦です
Posted by Heyモー at 2008年01月25日 08:08
我が家でも網カゴの中で切干し大根ができていますよ。
編み籠は、数個持っていて魚用・野菜用と使い分けして重宝していますよ。
今の寒さならきっと美味しい切干し大根ができるでしょうね。
Posted by たけ47 at 2008年01月25日 15:32
Heyモーさん

切り干し突きは合羽橋に行かなねばと思っていた矢先に見つかったので、うれしかったです。道具さえ揃えば大した手間ではないので、ぜひ、切干ダイコン作ってみてください。 美味しいですよ。
Posted by taka at 2008年01月29日 08:07
たけ47さん

魚の干物はやったことがないのですが、これも挑戦すると美味しいんでしょうね。 ニンジンを混ぜるという人もいるみたいなので、いろいろバリエーションを増やしてみたいと思います。
Posted by taka at 2008年01月29日 08:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。