2007年03月04日

櫓葱復活

070304櫓葱復活IMG_3800.jpg完全に枯れたと思っていた櫓葱が息を吹き返し、新芽が出てきました。 嬉しい!! 失敗してしょげていたところに、もう一度、チャンスを戴いたようなものです。

それにしても、凄い生命力ですね。

穴が空いているように見えるのもぐらの穴だと思います。 こちらは困ったもんです(^^;


(この記事はBack dateして作成しました)
ラベル:櫓葱
posted by taka at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | ネギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ネギは寒さには強いですね。
地下ではじぃっと我慢していて、少し暖かくなってくると、もぞもぞと新芽を伸ばしてくるんでしょうね。
こういった野菜は美味しいですよね。
Posted by たけ47 at 2007年03月06日 00:21
櫓ネギは寒さには弱いです。私の菜園にある櫓ネギも冬場はちじこまっています。
これから一気に生長し、葱坊主の中に子ができます。
Posted by ウラ at 2007年03月06日 08:01
このネギは珍しいネギのようですが、どこの部分をどのようにして食べるんですか。とう立ちした部分を植えると思うのですが、食べる部分は親ネギなんでしょうか。
Posted by spa at 2007年03月06日 22:10
★ たけ47さん

まさしく地下で我慢していてくれた感じです。 ちゃんと栽培できなかった私をちょっとだけ許してくれたようで、本当にありがたいです。


★ ウラさん

えっ??? これから生長して葱坊主ができるんですか?
長ネギを同じように地上部が冬場も残っていて、そこからトウが立って、葱坊主ができるんだと思っていました。 勉強し直しですね。


★ spaさん

ウラさんのコメントをみて、驚いているというか動揺しているぐらいなので、何も分かっていません(分かっていないことが判明したばかりです)。 苗を譲って戴いた時に、思い込みもあって詳細な育て方を聞かなかったんですよ。 お恥ずかしい限りです。
Posted by taka at 2007年03月06日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。