2007年02月15日

雨とトンネル

070214ダイコントンネルIMG_3565.jpg久方振りの恵の雨。 手探りで始めていた春ダイコン、水やり(灌水)をどうするかも思案中。 雨が降ってもポリエチレンのトンネルがあるから株元には雨が届きません。

秋冬どりダイコンは発芽前後に灌水していました(自宅庭の畑で水道もあるので)。 春ダイコンはどういう風にするのが正しい栽培なのでしょうね。 気温も低いので灌水は蒸発熱を奪って地温をさげることになると思うので、考えどころです。

ちょっと調べてみました。

図書館で借りてきた『新野菜つくりの実際 根茎菜(川城英夫編,農文協)』のトンネル春どり栽培の灌水の項には
ハウス栽培では、根部の肥大を促進するために灌水するとよい。 灌水の効果高いのは肥大が盛んな収穫前一ヵ月で、...(以下略)
とありました。 発芽期の灌水の記述はありませんでした。

タキイ種苗の野菜最前線で検索した雑誌の記事『新発表!春ダイコン「風」シリーズの新顔登場 抽苔が安定し、低温肥大性に優れるタキイ交配ダイコン「つや風」 』には、栽培のポイントとして
土壌水分は、本葉5〜6枚までは適湿が保たれるように気をつけてください。この時期に乾燥すると、低温による被害や抽苔が出やすくなります。
という説明があります。

どうやら乾燥していないか気配りをするという程度が良さそうでした。

posted by taka at 00:15| Comment(6) | TrackBack(0) | ダイコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう種まきですか。早いですね。私は種は多少買いましたが、まだ早いのかなと思っているので、ぜんぜん動き出していません。大根作りはへたくそでダメです。ハウスに作るのもいいですね。
Posted by spa at 2007年02月15日 07:36
spaさん

ダイコンは、少々、早過ぎたと思っています。 色々、調べれば調べるほど、その思いは強まる一方です(^^;
ハウスを持っていると良いですね。 持ってらっしゃる方の話を聞くと、いいなあと思うこともあります。 でもまあ、限られた条件でいろいろ頑張ってみます。
Posted by taka at 2007年02月15日 08:49
マルチをしていればそれほど水遣りに神経質になる必要は無いのではないですか?土が湿った状態ならそれほど与える必要はないと思います。
ただ、私は春大根がまともに出来たことがないので敷居が高い野菜だと思っています。
Posted by もいもい at 2007年02月15日 14:11
私はトンネル栽培の場合、午前中に水遣りするようにしています。
確かに気化熱で温度が下がるのですが、昼間の暖かさで補ってくれると思っています。
根菜類の場合加湿になると、真っ直ぐに直根が伸びないと本に書いてありました。
少し乾かし気味の方が、水を探して直根が深く伸びるそうですね。
それも程度があると思うので、後は経験から出していくしかないでしょうね。
Posted by たけ47 at 2007年02月16日 00:16
たけ47さん

はい、乾燥の具合を見ながら、午前中にあげるようにしたいと思います。
過湿になると、直根がまっすぐに伸びないというのは知りませんでした。
「経験」が重要ですね。楽しみながら観察してみます。
Posted by taka at 2007年02月16日 08:50
もいもいさん

雨の恩恵を受けないので最初は心配したのですが、調べてみると、それほど頑張って水遣りをするほどではないという風に理解しました。 でも敷居の高い野菜なんですね。 初心者の私には、ちょっと無謀でしたかね(^^ゞ
Posted by taka at 2007年02月16日 09:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33641338
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。