2006年11月09日

ハナミズキで堆肥作り

061105ハナミズキ我が家の前の街路樹はハナミズキで、そろそろ落ち葉が多くなってきました。 毎日、駐車場と前の道を掃いている/もらっているのですが、キリがありません。

コンパネで堆肥用の箱を作っているのですが、すぐに一杯になってしまいそうです。 この時期野菜くずが少なくて、落ち葉の分解がなかなか進まないのが悩みのタネです。

061104ぬか今年は、去年のワラが大量に余っていたので、バリカンで刻んでから放り込みました。 今年の春に、サヤエンドウのツルとか、マルチ代わりに使ったワラを入れたら、分解しないし、かき混ぜ辛いし、エライ苦労しました。

なので、今回はきっちりバリカンで刻んでいます。 先週にワラを放り込んだのですが、水を補給したのが功を奏したのか、手を突っ込んでみると暖かくて、分解がそれなりに始まっているようです。

061104堆肥まだ分解に不安があるため、窒素(N)成分補給に米ぬか(糠)を購入してきました。 近所のお米屋さんで、米袋1袋で200円です。 買うたびに毎回値段を相談しているようなので値が有って無いようなのかも知れませんね。

で、こんな風に落ち葉にまぶして、フォークでかき混ぜ、フタをして終了です。


ラベル:堆肥
posted by taka at 06:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 堆肥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長いものを堆肥に入れると、あとで混ぜ合わせるのに苦労しますから、やめた方がよいです。私は藁も使いますが、わざわざコンバインで細かくしたチップ状態のをもらってきます。それから、2年くらい寝せると、よく腐ります。雨ざらしにして、水を吸い込ませ、半ばくさりかかってからふたをします。ふたをしないと、せっかくの肥料分が土に吸い込まれます。私は並トタンで四方を囲います。結構長持ちします。
Posted by spa at 2006年11月09日 13:40
ハナミズキ何本もあるのですか?私ところはハナミズキ何回か植えましたが、枯れたり根がつきません、土が合わない?私も堆肥を落ち葉で何年か前から作っていますが、米ぬか入れると早く発酵します、ジョロで時々乾燥したら水をやるを繰りかえす、生ものは入れないほうが良いみたいですね。
Posted by 山ちゃん at 2006年11月09日 17:55
本格的に落ち葉堆肥を作ってるんですね。
来春には使えそうですか?
近所のくみあいマーケットでは、米ぬか1袋が300円と高いようですね。
米ぬかを入れると、いい堆肥ができるようですね。
Posted by たけ47 at 2006年11月10日 18:38
spaさん

おっしゃるように、サヤエンドウのツルは、すぐに腐るだろうと甘く考えていたので、混ぜ辛く、痛い目にあいました。 雨ざらしにした後、2年置くのは楽そうですね。 ウチは堆肥の箱がひとつしか無いんですよ。 すぐに2つにするのは難しいので、追々考えようと思います。 狭い庭で欲張って、いろいろ作り過ぎですからね (^^ゞ
Posted by taka at 2006年11月11日 20:14
山ちゃんさん

庭のハナミズキは1本だけです。 全面道路沿いにあったものを家を建てるときに移植したものです。 高さが3〜4mぐらいあったものを工務店が移植したので、移植のノウハウはちょと分からないです。ごめんなさい。
隣の駐車場の道路沿いにも何本か植わっているので、落ち葉の量は結構な量になるんですよ。米糠と水かけで正解なんですね。安心しました。
Posted by taka at 2006年11月11日 20:30
たけ47さん

堆肥は来春に使うのが目標です。ゴミ減量のために家からでる生ゴミを引き受けるのも重要なので、いつまで生ゴミを入れ続けるかの加減が難しいです。
200円の米糠は安い方なんですね。 大量に受け入れる農家とか業者には無償に近い価格で提供しているのかと思いこんでいました(^^;
Posted by taka at 2006年11月11日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。