2006年11月08日

はななが大きく生長

061104はなな10/8に播種した「はなな」が不織布の中で大きく生長し、こんなになりました。 「お正月に蕾がちょうど食べられそうだね」と話したら、妻は春先に蕾を食べたいんだとのこと(^^;

じゃあ食べてしまおうということになり、おひたしで戴きました。 味が違うのかなと思ったのですが、小松菜と同じでした。

9/20に播いたホウレンソウもごく一部だけ大きくなったので、一緒におひたしで戴きました。 これからの菜っ葉のシーズン、楽しみがいっぱいです。


ラベル:コマツナ ハナナ
posted by taka at 00:01| Comment(6) | TrackBack(0) | コマツナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トンネルで栽培しているんですね。これなら良いですね。さぞや新鮮でおいしかったことと思います。小松菜と同じ味ですか。
Posted by spa at 2006年11月08日 14:35
ハナナは元々蕾を食べる品種なのですか?それとも小松菜のように葉を食べる品種なのですか?
冬場に新鮮な青物があるのはいいですね。
Posted by もいもい at 2006年11月08日 16:40
不織布正解ですね うちのは虫でボロボロになって早や抜きさって今は第2段の苗が20センチ位になっています。それも危ない感じです。これもストチュー候補ですね。
Posted by nekozero at 2006年11月08日 22:23
spaさん

そうですね。新鮮さのお陰か、まだ若い葉のせいか、とても美味しかったですよ。夕飯の食卓にあるとガッツポーズがでるぐらいです。私の舌では、味は小松菜と同じでしたよ。味音痴かしらん???
Posted by taka at 2006年11月09日 06:30
もいもいさん

今回、播いた早陽一号は花蕾を食べる品種です。予想を超えるスピードで生長していて、結構な量になったので、葉で食べ始めています。あまり深く考えずに「食べられるだろう」と思って、おひたしにしてみました。
もいもいさんのところの雪とか霜の様子をみて、新鮮な菜っ葉が手軽に食べられるのは恵まれているんだなあと実感した次第です。
Posted by taka at 2006年11月09日 06:36
nekozeroさん

虫退治は、なかなか厄介ですよね。特にアブラムシは苦手です。ストチュー(とうがらし+焼酎等)、もし試されたら効果のほど教えてくださいね。
ウチはトウガラシを作っていないので、赤くなってしまったシシトウを虫の多くなるシーズンまで残しておいて試すとしますかね(^^)
Posted by taka at 2006年11月09日 06:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。